SDI入力(パススルー)対応 ソフトウェアエンコード型 PCIeキャプチャーボードGV-S2VR 仕様

仕様書印刷
GV-S2VR 斜め

GV-S2VR 斜め

※商品写真はイメージです。実際の外観とは異なる場合があります。

その他画像ダウンロード

GV-S2VR 斜め
GV-S2VR 正面
GV-S2VR

「GV-S2VR」は、SDIインターフェイスから映像を取り込むためのキャプチャーボードです。
パススル―にも対応し、PCI Express 1.0(Gen1)×1接続で最大1920×1080p@60fpsの入力を実現します。

無料ダウンロード提供のSDKをご利用いただくことで、独自の録画・配信・静止画の記録ソフトを作成いただけます。

※対応OSや仕様、動作環境等は予告なく変更する場合があります。

対応機種

対応機種 PCI Expressスロットを搭載したWindowsパソコン
CPU 1GHz以上
メモリー 1GB以上

対応OS

対応OS Windows 10 May 2019 Update (バージョン 1903)
Windows 10 October 2018 Update (バージョン 1809)
Windows 10 April 2018 Update (バージョン 1803)
Windows 10 Fall Creators Update (バージョン 1709)
Windows 10 Creators Update (バージョン 1703)
Windows 10 Anniversary Update (バージョン 1607)
Windows 10 November Update (バージョン 1511)
Windows 10
Windows 8.1
Windows 8
Windows 7

※Windows 10(Sモード)には対応しておりません。

仕様

バス仕様 PCI Express 1.0 (Gen 1) ×1
接続コネクター
(入力端子)
SDI ×1
3.5mm オーディオ ×1
RCAオーディオ ×1
接続コネクター
(出力端子)
SDI ×1
3.5mm オーディオ ×1
RCAオーディオ ×1

※いずれもパススルー出力
LowProfile対応
エンコード方式 ソフトウェアエンコード
外形寸法(本体のみ) 69(W)×110(D)mm(スロットカバー、突起部含まず)
質量(本体のみ) 約90g(スロットカバー含む)
質量(梱包時) 約230g
電源 DC3.3V(PCより給電)
消費電流 940mA(max)
使用温度範囲 0~40℃
使用湿度範囲 20~85%
保証期間 1年間
各種取得規格 VCCI Class B、RoHS指令準拠(10物質)
添付ソフトウェア SDK(開発ツールキット)

※お客様の目的に合った映像キャプチャーソリューションを実現するため、機能に富んだSDK(開発ツールキット)を無料で提供いたします。
SDK提供の際は、利用許諾への同意とお客様情報の登録が必要です。その後、ダウンロードにて提供となります。
SDKの詳細は、下記のページをご確認ください。
https://www.iodata.jp/product/av/procapture/sdk/index.htm
ご注意 ※DVDやデジタル放送などHDCPで保護された著作権保護映像は、録画・配信できません。
※本商品を使用して録画した映像を著作権者の許諾を得ずに、個人の鑑賞以外の目的で複製、配布、配信する事は、著作権法により禁止されております。

対応入力解像度

対応入力解像度 1920×1080p(60 & 50 & 30 & 25 & 24 fps)
1920×1080i(60 & 50 fps)
1280×720p(60 & 50 fps)
720×576i(50 fps)
720×480i(60 fps)

対応出力解像度

対応出力解像度 1920×1080p(60 & 50 & 30 & 25 & 24 fps)
1920×1080i(60 & 50 fps)
1280×720p(60 & 50 fps)
720×576i(50 fps)
720×480i(60 fps)

記録仕様

最大記録解像度 1920×1080(1080p@60fps)
映像 保存形式 YV12、NV12、YUY2、RGB24、RGB32
音声 保存形式 PCM
チャンネル ステレオ(2ch)
ビット数 16bit
サンプリングレート 32k~48kHz

添付品

添付品 LowProfile用ブラケット、Φ3.5mm-RCA変換ケーブル(2本)、取扱説明書

このページのトップへ
PC版を表示