RADIUSパッケージ

RADIUSパッケージ

RADIUSパッケージは、当社の法人向けNAS「ランディスク」にインストールする無償のアドオンパッケージです。
本パッケージの適用により、ネットワーク機器の認証を行うIEEE802.X(EAP)対応簡易RADIUSサーバー認証をランディスクを使用して実現できます。汎用サーバーを利用する場合に比べ、コストを押さえRADIUSサーバーの導入が可能となり、小規模企業およびSOHOのネットワークセキュリティ向上に貢献します。

関連ホワイトペーパー>>ダウンロードはこちら

RADIUSサーバーとは

「RADIUS」は、Remote Authentication Dial In User Service の略でVPNや無線LANなど、様々なネットワークサービスでの認証に利用されるプロトコルです。これを利用し、無線LANアクセスポイントなどのネットワーク機器へのアクセスに対する認証(Authentication)、承認(Authorization)、ユーザー管理(Accounting)を集中的に行うのがRADIUSサーバーです。

radiusサーバー導入のメリット

不正な端末のアクセスを制限

RADIUSサーバーを利用することにより、MACアドレス、ユーザー登録、証明書などで各デバイスを管理することが可能になります。私物や紛失した端末からの不正なアクセスを制限できるため、社内ネットワークのセキュリティ強化に役立ちます。

radiusサーバーによりネットワークセキュリティを強化
※ 各認証方式により制限できる内容が異なります。

アクセス権変更時の管理者負担を大幅に軽減

RADIUSサーバーを利用すれば、ネットワーク機器が複数ある場合でもそれぞれに対し個別にユーザー情報を登録する必要がなくなり、多数のネットワーク機器とユーザーの統合管理が可能になります。

radiusサーバーから認証情報を複数の機器へ一括登録

関連ホワイトペーパー>>ダウンロードはこちら

RADIUSサーバーを低コストで構築

「RADIUSパッケージ」は、当社の法人向けNAS「ランディスク」にインストールする無償のアドオンパッケージです。NASの筐体を利用するため、汎用サーバーを使ったシステムを構築する場合に比べ、コストを押さえてRADIUSサーバーを導入できます。

※本パッケージ機能は簡易RADIUSサーバーです。SOHOなどの小規模な環境での利用を想定しております。

LAN DISK(ランディスク)がアドオンパッケージでradiusサーバーに

対象商品:HDL6-HシリーズHDL4-HEXシリーズHDL2-HシリーズHDL4-HRシリーズ

RADIUSパッケージの機能

サーバー設定 各認証(MACアドレス、ユーザー、証明書)方法の設定
設定のインポート、エクスポート
代理機器認証の管理 アクセスポイントやスイッチの登録・管理
MACアドレス管理 接続するクライアントデバイスのMACアドレスの登録・管理
ユーザー管理 接続するユーザーのIDおよびパスワードの登録・管理
証明書管理 ユーザークライアント証明書、サーバー証明書の管理

パッケージ仕様

サポート認証方式 EAP-TLS認証
PEAP認証(MS-CHAP v2)
MACアドレス認証
登録数 代理認証機器:最大100台
MACアドレス認証:最大1000ユーザー
ユーザー認証:最大1000ユーザー
証明書 サーバー証明書有効期間:100年固定
ユーザー証明書有効期間:100年固定
動作確認済み
代理認証機器
WHG-AC1750Aシリーズ
WHG-AC1750AF
BSH-GMシリーズ
BSH-GMBシリーズ
BSH-GP08
BSH-GP08MB
このページのトップへ
PC版を表示