アプリケーション組み込み用ゲートウェイ

アプリケーション組み込み用ゲートウェイ

マルチインターフェイスIoTゲートウェイは各種センサーデバイスの情報をクラウドと送受信するための機器です。本商品が備える様々な通信インターフェイスを利用して、お客様のニーズに合わせたシステムを構築することができます。

※マルチインターフェイスIoTゲートウェイはお客様のご要望に合わせてご提供する受託開発を前提としております。ご希望のお客様は下記フォームよりお問い合わせください。
→法人営業窓口

さまざまな通信規格が利用できるマルチインターフェイス

さまざまな規格が選択可能なマルチインターフェイス設計

Wi-Fi、セルラー通信(LTE、CDMA)、USB、Bluetooth、有線LANの各種インターフェイスを搭載し、各種センサーやビーコン情報をクラウドへ送信するIoTゲートウェイとしてご利用いただけます。セルラー通信はドコモ・KDDI・ソフトバンクの各社のサービスでご利用いただけます。

アプリケーションをお客様にて開発が可能

アプリケーションをお客様にて開発が可能

Linuxの開発SDKをご提供いたしますので、お客様が独自に開発したアプリケーションを組み込み、システムを構築することができます。 弊社へのアプリケーションの開発委託もお受けいたします。

導入事例サービスのご紹介(Otta株式会社様)

本商品をBLEゲートウェイとしてご利用いただき、地域での見守りサービスを展開されています。
学校、地域の商店街やお宅にゲートウェイを設置し、通信端末を持ったお子さまがどこを通ったか、どこにいるのかなどを特定でき、学校や自治体様に採用されています。また、お年寄りや地域配達サービス、交通サービスなどへの展開も期待されています。

導入事例サービスのご紹介(Otta株式会社様)

商品仕様

OS Linux 3.10.14(OpenWRT)
CPU Mediatek MT7628A 580MHz
メモリー RAM:最大256MB、ROM:最大64MB
無線LAN 802.11b/g/n
有線LAN 10BASE-T/100BASE-TX
セルラー QuectelEC25-J(Docomo/KDDI/Softbank)
LTE: B1/3/8/18/19/26/41 WCDMA: B1/6/8/19
eSIM/microSIM(排他)
Bluetooth Ver4.2(内蔵アンテナ)
USB USB Std.A/USB2.0/5V0.5A(本体内に搭載)

このページのトップへ
PC版を表示