新4K衛星放送もハードディスクに録画!

新4K衛星放送※1をハードディスクに録画する
新4K衛星放送の美しい映像を、従来の2K放送同様、ハードディスクに録画して楽しむことができます※2
新4K衛星放送はフルハイビジョンの4倍も高精細な映像を楽しめる分データ量が多くなるため、ハードディスク容量あたりの録画時間が短くなります。
そこで当社では、新4K衛星放送を録画するなら、4TB以上の大きめの容量をおすすめします。
※1 新4K衛星放送とは、BS・110度CSの4K放送のことです。
※2 新4K衛星放送対応のチューナー、テレビ、レコーダー機器がハードディスク録画に対応している必要があります。
録画時間のめやす








放送レート 500GB 1TB 2TB 3TB 4TB 6TB 8TB
BSデジタル・110度CS
(4K放送)約33Mbps
約32時間 約64時間 約128時間 約192時間 約256時間 約384時間 約512時間
地上デジタル
(HDレート)約17Mbps
約44時間 約125時間 約251時間 約376時間 約502時間 約753時間 約1004時間
BSデジタル・110度CS
(HDレート)約24Mbps
約62時間 約88時間 約177時間 約266時間 約354時間 約531時間 約708時間
※ハードディスクを使用する際は、チューナー、テレビ、レコーダー側に登録する必要があります。新たに登録するとハードディスクに保存されている内容は全て消去されます。
※放送のレートや設定条件によって、実際の録画時間が異なる場合があります。
新4K衛星放送対応機器
動作確認済み録画用ハードディスク一覧
最新情報は下記ページをご確認ください。
2018年12月14日現在
対応表の見方:○…対応、×…非対応、-…対象外
テレビ
レコーダー
チューナー
レコーダー



シャープ
4S-C00AS1(※1)
AVHD-URSQ
AVHD-AUTB
AVHD-AUT
AVHD-UTB
AVHD-UT
HDCZ-UTC
HDCZ-UT
[備考]
※1 対応ハードディスクは当社が独自に検証したものであり、メーカーへのお問い合わせはご遠慮ください。
チューナー





ソニー
DST-SHV1
シャープ
4S-C00AS1
I-O DATA
HVT-4KBC(※3)
AVHD-URSQ
AVHD-AUTB
AVHD-AUT ×
AVHD-UTB
AVHD-UT ×
HDCZ-UTC (※2)
HDCZ-UT
HDPT-UT (※1) × ×
[備考]
※1 機器との接続は添付のUSB 3.1 Gen 1(USB 3.0)ケーブル(約30cm)をご使用ください。
※2 8TB以上のモデルは非対応です。
※3 最大容量は8TBまでとなります。
アイ・オーおすすめのHDD
24時間録画対応AVHD-AUTB
1TB2TB3TB4TB
商品詳細ページ
PC/家電対応HDCZ-UTC
1TB2TB3TB4TB6TB*8TB*
※ブラックのみ
商品詳細ページ
バスパワー対応HDPT-UT
500GB1TB2TB3TB*
※ブラックのみ
商品詳細ページ
このページのトップへ
PC版を表示